通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 量子学 > 超伝導
超伝導
辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:ちょうでんどう
外語:superconductivity
品詞:名詞

電気抵抗が零になる現象のこと。この量子現象は、1911(明治44)年にオランダ・ライデン大学のカメリン・オンネスによって発見された。

電気抵抗0の超伝導状態では、電流を流しても電力の損失が起こらない。もしこの超伝導体でリング(環)を作り、そこに電流を流すと、永久に電流が流れ続けることになる。これは永久電流と呼ばれる。

加えて、超伝導体は磁場に反発するマイスナー効果(完全反磁性)、ジョセフソン効果、磁束の量子化エネルギーギャップなど、通常の物質には見られない特殊な状態となる。

リンク
関連する用語
高温超伝導

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic