通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 物質・粒子 > 量子学 > 超伝導
高温超伝導
辞書:科学用語の基礎知識 素粒子・用語編 (NPARTY)
読み:こうおんちょうでんどう
外語:high-temperature superconductivity
品詞:名詞

(それまでと比較し)高温で行なう超伝導のこと。液体窒素温度(〜77[K])で起こる超伝導のことをいう。

それまでは液体ヘリウムを使った超低温(約3[K])でしかできなかった超伝導だが、それよりも高温である液体窒素での超伝導が可能となったことから、高温超伝導と呼ばれる。高温とはいっても、最高温度の77[K]でも摂氏で−196.15[℃]に相当するので、普通の人間の感覚では相変わらず超低温であることに違いはない。

液体窒素は安価な上に扱いも容易である。1980年代にこの反応は発見されたが、今なおその発現機構は完全には解明されていない。

リンク
関連する用語
超伝導
二硼化マグネシウム

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic