通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 天体 > 種類 > 恒星
超巨星
辞書:科学用語の基礎知識 天文学編 (UAST)
読み:ちょうきょせい
外語:supergiant star
品詞:名詞

主系列星よりも明るい星で、その明るさと大きさが極めて大きい恒星HR図上では最上部に位置する。超巨星の絶対等級はおよそ−3〜−8等である。

ベテルギウスアンタレスデネブガーネットスターなどが有名で、これらの天体はやがて超新星爆発を起こし、質量に応じて白色矮星中性子星ブラックホールなどに進化してゆく。

例えば、太陽をパチンコ玉とすると、ベテルギウスなどは一軒家くらいの大きさになる。しかしその重さはパチンコ玉(太陽)20〜30個分である。

リンク
関連する用語
恒星
巨星
HR図
光度階級
ベテルギウス
アンタレス
デネブ
ガーネットスター

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic