通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > 電源関係 > 電池
電池
辞書:科学用語の基礎知識 電子部品電池編 (NELECB)
読み:でんち
外語:battery
品詞:名詞

電気を発生させる装置のこと。

目次
概要

電池には多くの種類があり、大きく分けると化学反応を利用した化学電池と、物理作用を利用した物理電池がある。

起源

化学電池は電解液の中に二種類の金属を入れ、化学反応で発生した電気を取り出す装置である。1800(寛政12)年にイタリアのボルタ(Alessandro Volta)により発明された。

二種類の金属は、正極には酸化されやすいもの、負極には還元力の強いものを利用する。現在の乾電池は1885(明治18)年に屋井先蔵により発明された。

リンク
関連する用語
乾電池
ニッケルカドミウム蓄電池
バッテリー
セル (電池)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic