通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 気象学 > > 雲型
高積雲
辞書:科学用語の基礎知識 地質学編 (NGEO)
読み:こうせきうん
外語:Ac: altocumulus
品詞:名詞

中層雲の一つ。高度2〜6km付近にできるすじ状の。ひつじ雲とも呼ばれる。通常は水が集まってで出来ている。

巻積雲(イワシ雲、うろこ雲)に似ているが、高度が低い分、雲の形がより立体的にみえる。

すき間雲、不透明雲、二重雲、波状雲、放射状雲、蜂の巣状雲、ふさ状雲、塔状雲、尾流雲、層状雲、レンズ雲、乳房雲、半透明雲、などに細かく分類できる。

リンク
用語の所属
中層雲
AC
関連する用語
巻積雲

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic