通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 微生物学・細菌学 > ウイルス学 > 種名 > 第5網(1本鎖RNA -鎖) > モノネガウイルス目 > パラミクソウイルス科
麻疹ウイルス
辞書:科学用語の基礎知識 ウイルス名編 (BWNAME)
読み:ましんウイルス
外語:Measles virus
品詞:名詞

麻疹(はしか)を引き起こす病原体であるウイルスの名。1本鎖RNA・非分節型マイナス鎖RNAウイルスである。

目次
情報

現在のウイルス学では、次のように分類される。

分類

麻疹ウイルスはWHOにより、遺伝子型の違いから現在は20に分類されている。

日本ではこのうちD3とD5が流行、近隣の特定アジア地域ではH1が流行していたが、近年は近隣国人の流入が激しいためか、日本でもH1が流行の兆しを見せている。

特徴

麻疹ウイルスの感染力は非常に強く、流行を抑えるためのワクチン接種率は95%以上が必要とされる。

現在はワクチンの効果により以前のような流行は減り、感染者数自体減少傾向となっており、本邦においては、長年の悲願であった麻疹制圧が、ようやく視野に入って来た昨今ではある。

しかし、日本ではワクチン空白期がありワクチン接種が任意となった時代が約10年存在しており、この間の無接種者は患者予備軍であり、相当数いると予想される。このため局所的な感染を招きやすい状況にある。

リンク
用語の属性
ウイルス
パラミクソウイルス科
関連する用語
麻疹

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic