通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 動作・機能・技術 > 動作仕様 > 制限事項
1Mバイトの壁
辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:いちめがバイトのかべ
外語:1MB wall
品詞:名詞

x86シリーズのプロセッサーの16ビット環境にある

目次
概要

1Miバイトを超えるメモリー範囲について、直接アクセスできない、という制限のこと。

正確にはメガではなくメビ、つまり「1Miバイトの壁」と呼ぶべきだが、当時はまだMi(メビ)という単位がなく、このように「1Mバイトの壁」と呼ばれていた。

特徴
技術的内容

x86シリーズプロセッサーの16ビット環境では、16ビットのセグメントと16ビットのオフセットにより20ビットのアドレスを表わす。

このため、220バイト、つまり1Miバイトが物理的に利用可能な最大アドレッシング範囲となる。

これを越える容量のメモリーを用いたい場合でも、直接CPUのアドレスとして指すことができないので、バンク切り替えなどの方法を用いるしか術がない。これが1Mバイトの壁である。

壁の突破

この壁を突破するのは、80286の24ビットのプロテクトモードからで、この環境で224バイト、つまり16Miバイトまでに対応した。

リンク
用語の所属

関連する用語
x86
8086
80286
プロテクトモード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic