通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > x86系 > インテル > 16ビット製品
80286
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:はちまるにーはちろく
外語:80286
品詞:商品名

Intelの開発したIA-16プロセッサーの一つ。1982(昭和57)年2月1日発売。正式名称はiAPX286。

目次
概要

134,000個のトランジスタを1.5μmプロセスルールで集積し、8MHz/10MHz/12MHzで動作した。

特徴
プロテクトモード

80286最大の特徴はアドレスバス24ビットのプロテクトモードを装備した点で、アドレスバスの拡張と仮想記憶への対応が特筆すべき点である。これが後のi386の32ビットプロテクトモードへの布石となった。

これによって従来の16ビットでは1Miバイトまでしか利用できなかったアドレス空間が16Miバイトまでに広がった。ただ当時の主流OSだったMS-DOSは16ビットOSであるためこのメモリーにアクセスできず、拡張された領域はプロテクトメモリーと呼ばれた。

一旦プロテクトモードに入ると、リアルモードに戻る方法がリセット以外に無いという弱点があり、そのためにPC-9800シリーズではリセット専用I/Oポートが設けられるなどの対策が講じられていたほか、マイクロプロセッサーのバグにより約64Kiバイトだけプロテクトメモリーが見えてしまうというHMAというメモリー規格ができてしまい、その後MS-DOSが絶えるまで使われ続けた歴史に大きな名を残すチップである。

命令面での差違

8086と比較すると、命令面で便利な機能が多数追加されている。

スタックへの即値格納、全レジスターのスタックへの格納/復帰、高級言語用のスタックフレーム作成/破壊、ビット即値シフト、I/Oポートの連続読み書きなどの命令が追加されているが、これらは実際は80186で採用されたものなので、「186命令」とも呼ばれている。

前後の製品

8086/8018680286i386

リンク
用語の所属
Intel
マイクロプロセッサー
IA-16
関連する用語
プロテクトモード
HMA
セグメント (x86)

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic