通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > x86系 > インテル > IA-32製品 > 32ビット製品
i386
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:アイさんはちろく
外語:i386
品詞:商品名

Intelの開発したIA-32プロセッサーの一つ。1985(昭和60)年発売。正式名称はiAPX386。通称は「80386」「386」。

目次
概要

集積トランジスタ数約30万個。元々は80386だったのだが、単なる数字の羅列を商標登録するとはけしからんとAMDから訴えられたため、i386に改名された。

特徴
32ビット化

アドレスバスデータバスレジスターが32ビット化された、x86シリーズとして最初の32ビットプロセッサーである。

これによって、従来の64Kバイトの壁1Mバイトの壁から解放された。

外部バスまで32ビットの製品i386DXと、外部バスについては外部アドレスバス24ビット・外部データバス16ビットにした廉価版の製品i386SXという二つのシリーズがある。

プロテクトモード

80286プロテクトモードを改良し、32ビットされたことに対応して4Giバイト(232バイト)までの仮想アドレス空間に対応した。

また、MS-DOSからは使えないことで普及しなかったプロテクトモードを普及させるために、仮想86モードという新機能が搭載された。

これによってMS-DOSで仮想86モードを使う日々となるが、i386の機能をほぼ100%活用するOSが普及するには、発売から何と10年もの年月を待たなければならなかった。それはWindows NTWindows 95の登場である。それまでは結局のところEMS/XMSドライバーでメモリーが多めに使えるようになった程度で、それ以外では単なる「速い8086」でしかなかったのである。

命令面での差違

80286と比べ、命令が32ビット対応されたのは当然ながら、ビット操作系の命令が追加されたことや、条件ニアジャンプ命令が追加されたことなど、細かな使い勝手の向上が図られている。

この32ビットレジスターや追加命令の多くはリアルモードでも利用可能なので、i386以降専用のMS-DOSアプリケーションという、ある意味ナンセンスなものも登場することとなった。

前後の製品

80286i386i486

リンク
用語の所属
Intel
マイクロプロセッサー
IA-32
関連する用語
80386
プロテクトモード
仮想86モード
Microsoft Windows NT
Microsoft Windows 95

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic