通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 命令
2オペランド命令
辞書:科学用語の基礎知識 半導体用語編 (IYIC)
読み:トゥーオペランドめいれい
外語:2 operands instructions
品詞:名詞

オペランドが2個ある命令のこと。

目次
概要

8ビットMPUや、CISCの16ビットMPUなどでは、演算命令はよく2オペランド命令である。

演算対象が二つあり、結果は元の演算対象が格納されていたレジスター等を上書きして返すような動作をする。

特徴

「a=a+b」を実行しようとした場合、次のようになるだろう。

ADD a, b

aとbを加算し、答えをaに返す。このため元のaは保存されない。

保存的な演算「a=b+c」を、2オペランド命令のみで実行しようとした場合、次のようになるだろう。

MOV a, b   ; aにbを代入
ADD a, c   ; aにcを加算

命令数が増え、その分処理に時間を要するようになるが、保存して演算することも可能であることが分かる。

リンク
用語の所属
オペランド
関連する用語
1オペランド命令
3オペランド命令

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic