通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 電圧
48V
辞書:科学用語の基礎知識 工学系技術編 (NENGI)
読み:よんじゅうはちボルト
外語:48V
品詞:名詞

電源電圧の一つ。直流交流がありうるが、この電圧は主に直流(DC)の「DC48V」が使われている。

概要

50Vではなく48Vというのは明らかに中途半端だが、この由来は鉛蓄電池にある。鉛蓄電池は12Vであったため、これを4個直列に繋いで48Vとなった。

5個直列なら60Vだが、直流の場合60Vを超えると絶縁が必要になるため高コストとなり、そのため48Vが普及し、一つの基準電圧となった。

このため、既に死語化しつつある弱電/強電という分類では、48Vが一つの境界となっている。

リンク
用語の所属
電源電圧
48
関連する用語
DC48V

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic