通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 循環系 > 体液 > 血液 > 血液型
A2型
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:エイ-にがた
外語:blood type A2
品詞:名詞

ABO式血液型のうちA型の亜型の一つ。弱いA型とも呼ばれ、抗原が少ない。

白人の場合、A型およびAB型の約20%がA2型であるが、日本人ではその数は少なく、およそ0.2%である。日本人の大半はA1型である。

目次
特徴
糖鎖

血球からは1細胞あたり約120万本の糖鎖が伸びる。抗原はA1型の1/3〜1/4程度しか存在せず、1細胞あたり約25万のA抗原を持ち、すなわち糖鎖の約2割にA抗原が付いている。残りはH抗原(O抗原)である。

A2型の糖鎖〜抗原
A2型の糖鎖〜抗原

血球

血球は、抗A抗体、抗AB抗体ともに対し陽性を示す。

血清

血清中に抗B抗体と抗H抗体を持ち、更に抗A1抗体が陰性ないし弱陽性である。

唾液中にはAとHを認める。

A・B型転移酵素はA型を認める。

A1型との差異

A1型との差異として、

などが挙げられる。

A1型とA2型の識別には抗A1抗体の差を用い、抗A1レクチンで判断する。

輸血

輸血の場合、A1血球との反応性が体温(37℃)でも陽性(+)であればO型を、さもなくばA型を用いる。

リンク
用語の所属
ABO式血液型
A型
A2
関連する血液型
A1型
A3型
A2B型
関連する用語
H抗原

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic