通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 生物学 > 生物 > 機構 > 器官 > 循環系 > 体液 > 血液 > 血液型
H抗原
辞書:科学用語の基礎知識 生物学編 (BBBIO)
読み:エイチこうげん
外語:H antigen
品詞:名詞

血球の糖鎖の先にある抗原の一つ。O抗原ともいう。

目次
概要

H抗原は、次のような構造をしている。

───[アセチルグルコサミン]───[ガラクトース]─┴─[フコース]

通常は、A型B型O型AB型のいずれでもH抗原は存在する。そしてO型を除き、このH抗原にA抗原やB抗原が付き、O型では水素(H)が付く。

ボンベイ型

100万人に1人程度の割合で、このH抗原の[フコース]が存在しない人がいる。

A型やB型の遺伝子は持っていたとしても、フコースという糖がないと、糖鎖にA型物質であるアセチルガラクトサミンや、B型物質であるガラクトースが結合できないため、血液型検査をした時にO型と判定されてしまう。

但し、A型やB型の遺伝子を持っているなら、血清に抗A抗体や抗B抗体、そして抗H抗体を持つことになるので、本当の意味でのO型とは言えない。このような特殊なO型はボンベイ型と呼ばれ、Oh型とも書かれる。

リンク
用語の所属
ABO式血液型
関連する血液型
A型
B型
O型
AB型
ボンベイ型

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic