通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電(電子回路) > 部品 > ダイオード > 種類
CCD (素子)
辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:スィースィーディー
外語:CCD: Charged Coupled Device
品詞:名詞

電荷結合素子。電荷に変換するための半導体素子の一つ。

目次
概要

遅延素子としても使われることがあるが、殆どがCCD撮像素子という固体撮像素子として利用されている。

他の固体撮像素子としてはMOS型、特にCMOS撮像素子があるが、雑音処理が困難だったため、まずCCDが普及した。

特徴

CCDは、フォトダイオードという部品を組み合わせて作られる。

フォトダイオードは光電効果を利用して光を電荷に変える電子部品である。

リンク
関連する用語
CCD撮像素子
フォトダイオード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic