通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 観測用装置
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > ロケット > 名称 > 日本 > NASDA系 > 搭載機器等
DRE
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:ディーアーイー
外語:DRE: Doppler Ranging Equipment
品詞:固有名詞

ドップラ測距装置。H-IIAロケット試験機1号機(H-IIA・F1)の性能確認用ペイロード(VEP-2)として搭載された測定器の一つ。筑波宇宙センターで製造された。

目次
概要

大きさは75cm×75cm×35cmで、重量は約130kg。

中に2個のバッテリーと通信装置が搭載されている。

測定器の情報
目的

H-IIA・F1の第二段ロケットに搭載された。

打ち上げ後、DREから発射される電波をNASDAの増田宇宙通信所と沖縄宇宙通信所で受信し、ドップラー変位の測定を行なうことで第二段ロケットの軌道を求め、予定された軌道との差を調査してロケット軌道の精度を確認することを目的とした。

ここから得られた軌道投入精度は充分満足できる結果で、H-IIA・F1の打ち上げは成功だったと考えられる。

リンク
関連する用語
H-IIAロケット
VEP-2
ペイロード

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic