通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電(電子回路) > 部品 > 論理素子 > トランジスタ > IC(集積回路) > メモリー > RAM > DRAM
Direct RDRAM
辞書:科学用語の基礎知識 電子部品編 (NELECP)
読み:ダイレクト-アーディーラム
外語:Direct RDRAM: Direct Rambus DRAM
品詞:名詞

米Rambus(ランバス)社により開発された高速DRAMであるRDRAMのうち、バス幅が16〜18ビットでクロックを800MHz(400MHz DDR)に対応したもののこと。

転送速度は1.6Gバイト/秒(1Gバイト/cBeat)程度になる。

目次
訴訟合戦

一時期はDDR SDRAMと特許に関する訴訟合戦になったが、Rambusが敗訴したため、パソコン分野でDirect RDRAMが普及することはなかった。

採用例

訴訟も然る事ながら、製造するベンダーも殆ど無かったことからパソコン分野では全く普及せず、既に寿命が尽きている。

対応するチップセットのIntel 850/850E/860は既に生産を終了しており、またSiSもR658の生産を終了している。Direct RDRAMに対応する現行チップセットはSiS R659しかない。

その一方で、組み込み装置用としては、そこそこ普及している。

リンク
関連する用語
RDRAM
XDR DRAM
DDR SDRAM

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic