通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
自然科学 > 地学 > 天文学 > 装置・機械・設備 > 宇宙施設・装置 > 人工衛星 > 試験衛星 > 日本
IKAROS
辞書:科学用語の基礎知識 天文学人工衛星編 (USATE)
読み:イカロス
外語:IKAROS: Interplanetary Kite-craft Accelerated by Radiation Of the Sun
品詞:固有名詞

日本の小型ソーラー電力セイル実証機であり、世界初の惑星間ソーラーセイル宇宙機。

目次
概要
基本情報
仕様
沿革

以下は、後期運用すなわち実験終了後の更なる挑戦。

特徴
計画

金星探査機「あかつき」と同時に打ち上げられた、超薄膜の帆を広げ「太陽光圧」で飛行する宇宙船である。

帆の一部には薄膜の太陽電池が貼り付けられ発電も同時に実施、帆だけで宇宙空間の航行が可能なことと、薄膜太陽電池での発電が可能なことの実証が目指された。

実証

2010(平成22)年12月8日16:38(@359)、金星フライバイ成功させ、予定していた実験が無事終了した。

ギネス世界記録

次の2件で、ギネス世界記録に認定された。

  1. 最初の惑星間ソーラーセイル宇宙機「IKAROS」

    (First interplanetary solar sail spacecraft)

  2. 最小の惑星間子衛星「DCAM1とDCAM2」

    (Smallest interplanetary subsatellite)

受賞については、2012(平成24)年11月30日にJAXAが発表した。

リンク
関連するリンク
宇宙帆船「IKAROS(イカロス)」のシステム開発(前編)
用語の所属
宇宙探査機
関連する用語
金星
JAXA
イカロス

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic