通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > 論理素子 > トランジスタ > IC(集積回路) > ロジック > MOS
技術・工学 > 電気 > 弱電 > 部品 > 論理素子 > トランジスタ > 信号レベル
LVCMOS
辞書:科学用語の基礎知識 電子用語編 (NELECY)
読み:エルヴィー-スィーモス
外語:LVCMOS: Low Voltage CMOS
品詞:名詞

低電圧版のCMOSと、そのインターフェイス規格。電源電圧3.3V以下としたCMOSのこと。

目次
概要

電源(VDD)が、CMOSの5Vから3.3V以下としたものをいう。

LVCMOSの信号レベルをLVCMOSレベルという。

様々な電圧が使われており、各々で互換性がないことから、電源電圧を冠して呼ぶ。

特徴

論理はCMOSと同様に電源電圧の半分を基準とするため、異なる電圧のCMOSとは互換性がない。

例えば、3.3V LVCMOSなら1.65V(VDD×50%)より上のとき論理「H」、下のとき論理「L」と判断するが、より安全な基準としてVDDの90%と10%が決められており、2.97V以上で確実にHレベル、0.33V以下で確実にLレベルとなる。

リンク
用語の所属
信号レベル
関連する用語
LVCMOSレベル
CMOS
TTL

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic