通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 動作・機能・技術 > x86系
PSE-36
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置用語x86編 (IYCP86)
読み:ピーエスイー-さんじゅうろく
外語:PSE-36: 36-bit Page Size Extension
品詞:固有名詞

x86プロセッサーにおいて、物理アドレスバス幅を32ビットから36ビットに拡張し最大64Giバイトに対応する機能。それ以前よりあるPAEとは異なる技術である。

目次
概要

32ビットプロセッサーであるIA-32では、仮想アドレス物理アドレスも32ビットだった。

PSE-36は、このうち物理アドレスを32ビットから増やす機能を提供する技術の一つで、4ビット増やして36ビットに拡張する機能を提供し、最大64Giバイトの物理メモリー空間を提供する。この機能は1998(平成10)年発売のPentium II Xeonから導入された。

特徴
機能の有無判別

機能の有無は、EAXレジスターに1を代入してCPUID命令を実行し、EDXレジスターに得られたフラグのビット17が1かどうかで確認できる。

Windows

Windowsでは、Windows NT 4.0 Enterprise Editionから対応した。

PSE-36の利点は、OSの内部に殆ど手を加える必要がないことだった。しかしPSEの時代は非常に短く、Windows 2000以降ではPSE-36のサポートがなくなりPAEのみに対応するようになった。

Linuxなど

LinuxなどのOSでは、PSE-36には一切対応しなかった。

リンク
用語の所属
cpuid (x86)
関連する用語
PSE

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic