通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 予約語・関数など
#include
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:シャープインクルード
外語:#include
品詞:名詞

C/C++などのプリプロセッサーディレクティブの一つで、ファイルの挿入を定義するもの。

目次
構文

#include <ファイル名>

#include "ファイル名"

特徴
機能

Cを初めとして幾つかの言語では、ソースファイルをコンパイルする前にプリプロセッサーという前処理プログラムでソースコードを処理する。

#includeは、このプリプロセッサーに対する指令(directive)であり、「その場所に、指定されたファイルの内容を挿入する」という意味を持つ。

#include <stdio.h>

int main() { printf("hello, world\n"); }

書式

山括弧(<>)を使用すると、プリプロセッサーはシステム標準の場所にあるヘッダーファイルを検索する。UNIX系OSでは、通常は/usr/include以下である。

またC++の場合、ファイル名に.hが含まれない場合はC++専用のヘッダーファイルが格納されたディレクトリを参照する。例えば、/usr/include/c++/4.2 以下に格納される。

一方、ダブルクォーテーション("")を使用すると、ユーザーが自分で格納したヘッダーファイルを検索する。処理系にもよるが、次のような順序で検索される。

  1. カレントディレクトリ、つまりそのソースファイルのあるディレクトリ
  2. コンパイラーの-Iオプションなどで命名されたディレクトリ
  3. 標準のディレクトリ (/usr/includeディレクトリ)
リンク
用語の所属
プリプロセッサーディレクティブ
関連する用語
include

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic