通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 予約語・関数など
*
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:アスタリスク
外語:*
品詞:名詞

コンピュータープログラミング言語で、様々な用途に使われている記号。

目次
プログラミング
dereference

C/C++間接演算子dereference操作をする機能。

C/C++の配列変数は、値の格納されているアドレスを持っている。そのまま参照した場合は値の格納されているアドレスが得られることになる。そのアドレスに格納されている値を得たい場合に、変数名の頭に*をつけて表現する。

乗算演算子

プログラムや表計算ソフトで、計算式の乗算の演算子×」(かける)の代わりに用いる。

例えば、「2×2」は「2*2」と表現する。

コンピューター
ワイルドカード

MS-DOSMicrosoft WindowsUNIXなどではファイルや文字列の検索を行なうとき任意の長さの文字列を意味するワイルドカードとしても使用される。

例えば、拡張子は何でもいいので「file」というファイル名がついたファイルを探すときには、「file.*」という形で検索すると、file.txtやfile.htmなどがヒットする。

正規表現

正規表現では、「直前文字の0回以上のくり返し」を意味する。

例えば、「あたた*」は、

などにマッチする。

リンク
関連する用語
dereference
ワイルドカード
正規表現
MS-DOS
Microsoft Windows

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic