通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > 演算子
間接演算子
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:かんせつえんざんし
品詞:名詞

ポインターが指すメモリーを変数として扱うポインター演算子

目次
概要

C/C++では、間接演算子*は単項演算子である。右辺値しか取らない。

この演算によってポインターの指すデータを得る操作のことをdereferenceという。

特徴

メモリーアドレスは数値であり、このためポインターも必然的に数値になる。

例えば、1000番地にある変数が格納されているとするなら、それは理論上、*1000 として参照できる。このように、アドレスは単なる通し番号なのである。

但しこれは原理を簡潔に説明するための例で、実際のプログラムで*1000という表記は使えない。なぜならポインターは、アドレスの他にデータ型(char、int、longなど)を持っていなければならないからである。*1000では、データ型が分からない。

そこで、単なる数値であるアドレスを、型キャストする。

*(int *)1000

これで、1000番地をint型変数として扱い、読み書きをすることが可能になる。

int x = 5;
*(int *)1000 = x;
リンク
用語の所属
ポインター演算子
関連する用語
参照演算子

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic