通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様
型キャスト
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:かたキャスト
外語:type cast
品詞:名詞

C(やその流れを汲む言語)において、明示的な型変換演算のこと。

目次
概要

例えば、int型変数varの値をunsignedとして扱いたい場合、

(unsigned)var

のように書くことで、unsigned型として扱うことができる。

この時、型変換の副作用で値に丸めなどが生じることがある。

特徴
明示的型変換

C/C++では、汎整数拡張などを含め、暗黙的に型変換されることがある。

しかし暗黙的な型変換が不可能な状況というものは往々にして存在し、この場合は明示的に記述して型変換をせねばならない。

C/C++

Cでは、「(type)a」という記法のみが用意されていた。

C++では、「type(a)」という記法が可能になったほか、様々な型キャスト演算子が追加されている。

Cスタイルキャスト

C++でも、Cスタイルキャストを使う者は多い。

しかし、Cスタイルキャストまたは関数スタイルのキャストは、互換性の無い型変換が可能なほか、コンパイラーも、エラーはおろかワーニングすら吐かないことがある。このため、バグが混入しやすい。

ポインターとintやlongとの相互変換などは朝飯前で、UnicodeのUTF-16を要求するようなWindows APIの引数に「(LPCTSTR)"HOGE"」などと書いてコンパイルだけ通してしまうことも余裕である(もちろん動かないが)。

一方、C++スタイルの型キャストは、reinterpret_castを除き、安全でない変換をしようとすると、エラーになる。したがって、reinterpret_castを使う前に、その変換が本当に正しいのかどうかの判断をすることが可能で、またプログラムを書いた後も、reinterpret_castを見れば安全でない変換をしていることが一目で分かる。C++では、バグを避けるため、面倒でもC++スタイルの型キャストを使うべきである。

リンク
関連する用語
C

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic