通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 種類 > パソコン
ノートパソコン
辞書:電算用語の基礎知識 計算機技術用語 (TCYOGO)
読み:ノートパソコン
外語:note personal computer
品詞:名詞

筆記帳(ノート)サイズで持ち歩き可能なパーソナルコンピューターのこと。メーカーにっては「ブックパソコン」と称する場合もある。

目次
概要

主として液晶画面とキーボードが折り畳み式になっていて、全体の大きさがA4ファイル相当かそれ以下のサイズで主としてバッテリー駆動が可能となっている、パーソナルコンピューターEWS等をいうことが多い。

ノートとは言いつつ、大きく分厚いものが多いため、カバンに入れると他の書籍が入らなくなる。

現在は、小型軽量化も進み、単にノートというとA4程度〜サブノートと呼ばれる程度を指し、より小型のカテゴリーとしてミニノート薄型ノートなどがある。

Panasonic Let's note
Panasonic Let's note

特徴
語源

この語の語源は、1989(平成元)年12月に発売されたNECのパソコン、98NOTEである。

ノート型パソコンの先駆けとなったのは、98NOTEからさかのぼること半年、1989(平成元)年6月に東芝から発売されたDynaBookであるが、これを見たNECは「パソコンとは、本のように中身が決まったものではなく、ノートのように使う人が自由に書き足せるべきもの」と考え、NOTEという名称に行き着いたものとされている。

種類

時代とともに、様々なものが登場している。

↑大型

↓小型

リンク
用語の所属
電子計算機
パーソナルコンピューター
EWS
関連する用語
ノート

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic