通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 用語・俗語 > 技術
ハードディスク計算
辞書:電算用語の基礎知識 計算機スラング編 (TZYOGO)
読み:ハードディスクけいさん
外語:hard disk culculation
品詞:名詞

ハードディスクドライブの容量表記の際、1Kバイト=1000バイトとして計算し、実際の容量をごまかす(水増しする)こと。さばよみ容量。

目次
概要

コンピューターは2進数であるので1Kバイト=1024バイトであるが、ハードディスクメーカーは「国際単位系に準拠」し、これを10進数表記している。一部では、これは「さばよみ」だとしている。

そのため、実際には140Gバイトしかないのに150Gバイトとして売っているのは詐欺であると、アメリカではコンピューターユーザーが大手パソコンメーカー数社を相手取って集団訴訟を起こしたこともあり、近年でも変わらず同様の訴訟をハードディスクメーカーに対して起こしたりしている。

問題の解決

少なくとも、ハードディスクメーカーは国際的な単位系に準拠しているため、仮に半分さばよみ目的であったとしても、文句を言われる筋合いは本来はないはずであった。

一方、パソコン界では、なおも1K=1024であるとして譲っていない。これは国際単位系から外れる邪悪なものであるのみならず、国際単位系を故意に改変して使用していることになり、問題が大きい。

そこで、国際電気標準会議(IEC)が新規にバイナリ接頭語を策定した。

KB、MB、GB、TBなどに換え、KiB、MiB、GiB、TiBなどを用いるものである。

リンク
関連する用語
ハードディスクドライブ
ROM計算
ストリーマ計算
バイト
バイナリ接頭語

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic