通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 動作・機能・技術 > 単位
電子計算機 > 仕様・構造 > 処理・処理方法 > データ > データ形式 > 整数 > 長さ
バイト
辞書:電算用語の基礎知識 技術演算器編 (TTCPU)
読み:バイト
外語:byte
品詞:名詞,単位助数詞

情報量の単位の一つ。派生して記憶装置の容量にも使われる。

目次
定義

バイトの大きさは、実際には未定義である。つまり、決まっていない。

1バイトは、多くの場合8ビットと等価で、この場合はオクテットと呼ぶ。8ビットの場合は1単位で256値(2の8乗)の情報を扱える。

但し、昔の7ビット処理のコンピューターでは7ビットが1バイトであり、汎用機の中には9ビット長を1バイトとして扱う装置がある。また、Unicode文字セットのような16ビット長を単位とする処理系では、1単位16ビットが1バイトと呼ばれる。

従って、厳密に8ビット単位を重視する場合には、オクテットという単位を用いる。

関連単位
各種単位

バイトに関連する単位に、次のようなものがある。

接頭語

バイトという単位は小さいため、より大きな単位も使われる。旧式スタイルは現在もよく使われているが、国際電気標準会議(IEC)はバイナリ接頭語を使うことを推奨している。

バイトより小さい単位にビットがあるが、どちらもBから始まる語である。区別するときには、大きい方であるバイトは大文字のB、小さい方であるビットは小文字のbで表わす。

リンク
用語の所属
情報量
関連する用語
汎用機
Unicode
バイトオーダー
ハードディスク計算

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic