通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > x86系 > インテル > IA-32製品 > 32ビット製品
Pentium II
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:ペンティアムトゥー
外語:Pentium II
品詞:商品名

Intelの開発したIA-32プロセッサーで、PentiumPentium Proの後継製品。第六世代に属する。

目次
概要

Pentium ProMMX Pentium双方の技術を利用して開発された。

カートリッジ

この製品は、基本的にマイクロプロセッサーチップ単体ではなくパイプラインバーストSRAM(PB-SRAM)を使った2次キャッシュ512Kiバイトと共にドータボードに搭載されSECCなどと呼ばれる「カートリッジ」として供給される。

このカートリッジのコネクターは二段で計242端子でマザーボードに接続され、これは「Slot1」という規格名が与えられた。カートリッジはメインボードにそびえ立つ形状であり、メインボード側の端子スペースは小さいが、空間的には余計に必要になっている。

Pentium II 450MHz/100MHz, SECC, Slot1
Pentium II 450MHz/100MHz, SECC, Slot1

MMXとキャッシュ

Pentium Proよりも高速クロックに対応し、MMXも2基搭載された。

またPentium Proのように2次キャッシュは内蔵せず、カートリッジの基板上に外付けする形式を取っている。そしてアクセス速度をCPUの1/2又は1/3に落とし、価格を下げている。その穴埋めとしてPentium Proで8Kiバイト+8Kiバイト(code/data)だった一次キャッシュを16Kiバイト+16Kiバイト(code/data)に増やした。わずか16Kiバイトの違いだが、これによりPentium Proのような2次キャッシュ内蔵型に匹敵する性能を発揮できている。

特徴
仕様表
項目特徴
マイクロアーキテクチャーP6マイクロアーキテクチャ
コアのクロック周波数233〜450MHz
FSBクロック66/100MHz
最大バス帯域幅 
1次命令キャッシュ16Kiバイト
1次データキャッシュ16Kiバイト
2次キャッシュ512Kiバイト
製造プロセスルール 
ダイサイズ 
集積トランジスタ数 
性能

公表されているスペックは次のとおり。

 iCOMP Index 2.0SPECint95SPECfp95
233/66MHz 9.387.40
266/66MHz 10.708.17
300/66MHz33211.908.82
333/66MHz36613.009.55
350/100MHz38613.9011.20
400/100MHz40015.8012.40
450/100MHz48317.2012.90
プロセッサーコア
プラットフォーム
チップセット
後継

後継は、Pentium IIIである。

リンク
用語の所属
Intel
IA-32
P2
関連する用語
Pentium Pro
MMX Pentium
PB-SRAM
Klamath
Deschutes
K6
Cyrix 6x86MX

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic