通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > x86系 > Cyrix
Cyrix 6x86MX
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:サイリックス-ろくエックスはちろく-エムエックス
外語:Cyrix 6x86MX
品詞:名詞

Cyrix(後のVIA)の開発した、x86互換32ビットマイクロプロセッサーのひとつ。

目次
概要

開発コードネームは "M2"。同社のCyrix 6x86MMX対応にしたもの。

時期的にはPentium IIに対抗するプロセッサーだが、形状はSocket 7、つまりPentiumと互換がある。

ダイサイズ198mm2の中に650万トランジスタを集積し、MMX Pentiumと同じく0.35μmプロセスの5層基板で作られている。形状はセラミックパッケージのSPGAで、MMX Pentiumと同じデュアルボルテージ仕様となっている。

特徴

MMX命令はMMX Pentiumなどと同様に1命令のみ発行でき、2命令発行できるPentium IIより処理能力的に劣る。但しこれは、その当時、まだ利用の少なかったこのような機能よりも一般的なアプリケーションの高速化を目指すという設計コンセプトのためである。

また、Intelのライセンスを受けてMMX機能を実装した当時のAMDとは違い、Cyrixは機能を独自解析して実装している。互換性などの危惧される点もあって、6x86MXにとってMMX機能は得意分野とは言えなかった。

リンク
用語の所属
マイクロプロセッサー
Socket 7
6X
MX
関連する用語
Cyrix 6x86
Cyrix

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic