通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > x86系 > AMD
K6
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:ケイスィックス
外語:K6: AMD K6 MMX Processor
品詞:商品名

AMDの開発したRISCアーキテクチャーベースIntel互換マイクロプロセッサーの一つ。AMDのK86シリーズの第六世代であることから、この名がある。

AMD K6-166MHz
AMD K6-166MHz

64Kバイトの内蔵キャッシュメモリーに加え、7つの実行ユニット、同時命令発行数6、更に8Kバイトもの分岐履歴テーブルなどを持つプロセッサー。動作周波数166MHz〜233MHz、集積トランジスタは880万個。Pentium IIに対抗するプロセッサーだが、ソケット形状はsocket7、つまりPentiumと互換がある。

MMX命令はMMX Pentiumなどと同時に1命令のみ発行でき、2命令発行できるPentium IIよりは若干処理能力的に劣る。但しFPUとの同時実行が可能となため、実数演算を多用する処理ではK6の方が高い性能を発揮する。

ダイサイズK6-2が81平方mmであり、これに256Kバイトの2次キャッシュを搭載するK6-3(Sharptooth)では135平方mmになる。

このプロセッサーはもともとNexGenという会社が "Nx686" として開発していたものだが、AMDがNexGenを買収し、この設計をベースとして "K6" が開発されることになった。

K6のラインナップ
┏━━━━┯━━━━┯━━━━━━┓
┃周波数  │FSBx倍率│内部動作電圧┃
┠────┼────┼──────┨
┃166 MHz │ 66×2.5│2.9         ┃
┃200 MHz │ 66×3  │2.9         ┃
┃233 MHz │ 66×3.5│2.2/3.2     ┃
┃266 MHz │ 66×4  │2.2         ┃
┃300 MHz │ 66×4.5│2.1/2.2     ┃
┗━━━━┷━━━━┷━━━━━━┛
リンク
関連するリンク
http://www.amd.com/
用語の所属
AMD
x86
K6
関連する用語
K6-2
K6-2+
K6-III
K6-IIIE+
K5
K7
RISC
アーキテクチャー
マイクロプロセッサー
バイト
キャッシュ
プロセッサー
周波数
Hz
トランジスタ
Socket
MMX
FPU
ダイサイズ
Intel
Pentium
Pentium II
MMX Pentium
Cyrix
Cyrix 6x86MX

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic