通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > 種類・製品 > x86系 > AMD
K6-2
辞書:科学用語の基礎知識 中央演算処理装置商品名x86編 (INCPU86)
読み:ケイスィックス-トゥー
外語:AMD-K6-2
品詞:商品名

AMDの開発したK6の後継プロセッサー。開発コードはChompers(チョンパー)。

目次
概要

K6と比較し、3DNow!に対応し3D処理が強化されたため、「K6 3D」とも呼ばれる。IntelのCeleronと真っ向から対決した。

ラインナップ

K6-2には三世代がある。

  1. K6-2 (0.25μmプロセス)
  2. K6-2、K6-2-P (0.25μmプロセス、高速版)
  3. K6-2+ (0.18μmプロセス版、モバイル用)
特徴
主な仕様
主な機能
リンク
関連する用語
K6
K6-2+
K6-III
3DNow!

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic