通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > データ型・構造体
プリミティブ型
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:プリミティブがた
外語:Primitive data type
品詞:名詞

プログラミング言語が、基本型として提供するデータ型(変数型)のこと。

目次
概要

内部処理で、レジスターなど実装と一対一で対応するものもあるが、そうでないものもある。

どのようなプリミティブ型があるかは、そのプログラミング言語の仕様による。BASICなどにおいては文字列型がプリミティブ型としてあるが、C/C++にはなく、複合型として提供される。

特徴
一覧

一般的にプリミティブ型となることが多いもの。併記の型は例。

処理

一般にプリミティブ型は、その言語の(元々の)実装において、最も高速に処理できるものが使われることが多い。

例えば整数型は、実装のCPUのレジスターに格納可能なもので、一命令で処理できるような場合が多い。このため言語仕様として、その変数長を実装依存にしたものもあり、C/C++intが代表である。

文字列は処理系内部ではバイト列として扱われることが多いが、マイクロプロセッサーによっては、文字列処理用の命令を用意していることがある。例えば、x86シリーズでは、8086の頃から命令があり、またMMXにも処理命令があり、更にSSE 4.2で命令が追加された。

リンク
用語の所属
データ型
関連する用語
変数

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic