通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
人文科学・芸術 > 芸術美術 > 音楽 > 記録媒体 > ディスク
ミニディスク
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・応用編 (TTDISKA)
読み:ミニディスク
外語:MD: Mini Disc
品詞:名詞

かつて使用されていた、携帯型音楽プレイヤー用として作られたディスク媒体。もともとの音楽用のほか、データ用も存在した。略して「MD」。

目次
概要

直径64.8mm、厚さ1.2mmのディスクを、横72mm×縦68mm×厚さ5mmのカートリッジに入れたものである。

カートリッジは3.5インチフロッピーディスクのようにシャッター式になっており、ディスクに傷がつきにくく、また埃も入りにくくなっている。

ミニディスク 60分
ミニディスク 60分

特徴
由来

1992(平成4)年、ソニーが「MDウォークマン」として、最初の機種で、かつ録音再生対応の「MZ-1」を発売した。同時期にミニディスクも発売された。

また据え置き型としては、1993(平成5)年に発売されたシステムステレオ「DHC-MD1」が初である。

発売以来、約2,200万台の携帯機と、約500万台のMD対応システムステレオが販売されたが、需要の低減を受け、オーディオシステム「CMT-M35WM」の2013(平成25)年3月の出荷終了をもって約21年のミニディスク機器の歴史に幕が下ろされた。

ディスク媒体については当面、生産を継続するとしているが、これも時間の問題であろう。

なお、かつてのミニディスクの需要は現在、いわゆるシリコンオーディオに移行している。

媒体

通常使われる録再両用メディアは光磁気ディスクである。

CDの置き換えを狙った再生専用媒体もあるが、これはCDと同等の光ディスクである。

しかしMDで販売されたタイトルは皆無であった。

レーザー等

主な仕様は次の通り。

利点

MDは媒体がディスクであるため、テープのように絡んだり伸びたり磨耗したりせず、繰り返し使っても音質が劣化しないという特徴を持っていた。

また、ディスクの利点として頭出しが高速で、テープより利便性が高かったことから普及した。

録音時間

まず登場したものは、60分と74分のMDである。

ミニディスク 74分
ミニディスク 74分

74分MDの容量は140Mバイトである。ATRAC圧縮で情報量を約1/5に圧縮し、CDと同等の最大74分間のステレオ録音を可能とした。

後に最大80分までの録音が可能な177Mバイトの媒体も登場している。

ミニディスク 80分
ミニディスク 80分

接続方法

光ケーブルによるディジタル録音にも対応している。

サンプリング周波数44.1kHzを合わせれば、CD/LDプレイヤーやDATの光出力端子と接続が可能となっている。

これを意識して、光入力にシンクロ(同期)して録音を行なう機能を持ったMDレコーダーも多かった。

但し、SCMSと呼ばれるコピーガード規格があり、ディジタル同士のダビングは著作権保護のため制限されている。

リンク
用語の所属
光ディスク
光磁気ディスク
MD
関連する用語
Hi-MD
MD DATA
MD DATA2
ATRAC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic