通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 応用・技術 > グラフィック > 処理技術 > 描画手法
ラスター
辞書:電算用語の基礎知識 計算機グラフィック編 (TCGRP)
読み:ラスター
外語:raster
品詞:名詞

テレビなどのスクリーン上に画像を表示する方式の一つ。

目次
概要

画像は2次元配列で表現され、水平方向の走査線によるドットまたはピクセル(いずれも小さい点のこと)の集合で示される。

現在のCRT(ブラウン管)や液晶ディスプレイ等では主流の方式。

特徴

多くの場合、対義語としてベクター(ベクトル)方式による画像表現方式が示される。

一般に、ペイント系の画像処理ソフトの扱うデータ形式がラスターで、ドロー系の画像処理ソフトの扱うデータ形式がベクターである。

リンク
関連する用語
ドット
ピクセル
ラスタライズ
ラスターライン
RIP
ベクター画像

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic