通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様 > データ型・構造体
多次元配列
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:たじげん-はいれつ
品詞:名詞

配列型のうち、添え字(index)が二つ以上のもの。

目次
概要

一次元配列と比較すると、複雑な配列型である。

配列は多次元であってもメモリー空間は一次元であるため、データは一次元に並べ直して配列される。

特徴
用法

例えばC/C++では、変数などの定義時に要素数を次のように書くことで、二次元配列とする。

int hoge[2][3];

この場合、配列hogeは、次のように2×3つ分のメモリーが連続して確保されている。

[0][0] [0][1] [0][2] [1][0] [1][1] [1][2]

これを、次のようにして参照する。

hoge[1][1] = 0x11;

C/C++の場合、これは構文糖であり、次のようにしても同じ意味である。

hoge[(1 * 3) + 1] = 0x11;

関数の引数

多次元配列は多次元のデータ構造を扱う時に分かり易くなる利点があるが、関数の引数として渡す場合に難しくなる。

言語内部では一次元であれ多次元であれ、押し並べて一次元的に扱っているためである。もし、多次元の配列を引数に渡したい場合は、次のような記法を用いる必要がある。

int hoge[2][3];

func(hoge);

...

void func(int (*phoge)[3]) {

...

}

このように書くことで、添え字のうちの一つの上限が3であることが分かるため、関数func内でも、その変数が[?][3]で定義されたようにして記述することができる。

リンク
用語の所属
配列型
配列
関連する用語
一次元配列

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic