通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > プログラミング言語 > 言語仕様
定数
辞書:電算用語の基礎知識 プログラミング仕様編 (PTPROGS)
読み:じょうすう
外語:constant
品詞:名詞

決まった数。ある大きさや値で固定化されており、変化をしないもの。

目次
概要

プログラミングで、計算などに用いられる数値や文字列などが、いわゆる定数となる。これがプログラム中に直接書かれているものを、直定数(リテラル)という。

例えば、Cで次のような式があるとする。

a = 3;

b = 5;

この時、aやbは変数であり、3や5が定数(直定数)である。

ちなみに、数学では「ていすう」と読むが、コンピューター、特にプログラミング分野に於いては何故か「じょうすう」と読む人が多い。

特徴

CC++では、#defineで別名定義することでマジックナンバー化を避けることができる。

このとき、それが定数であることを分かりやすくし、変数と区別するため、識別子は大文字、_、数字のみを使い、小文字は使わないという習慣がある。

リンク
関連する用語
識別子
サフィックス
変数
直定数
イミディエイト

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic