通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造
記憶装置
辞書:電算用語の基礎知識 計算機技術用語 (TCYOGO)
読み:きおくそうち
外語:memory unit
品詞:名詞

電子計算機を構成する要素の一つで、三大装置または五大装置の一つである。

目次
概要

制御装置演算装置が必要とするデータを保持する装置である。

電子計算機内部にあるものを主記憶装置、外部に存在し主記憶装置の補助として機能するものを補助記憶装置という。

特徴

主記憶装置はメモリーが、補助記憶装置はディスクドライブテープドライブなどが該当する。

但し、五大装置と言った場合には補助記憶装置は含まれない。

また補助記憶装置で実際にデータを記録するための交換式の部品を記憶媒体という。

リンク
用語の所属
電子計算機
三大装置
五大装置
関連する用語
主記憶装置
補助記憶装置
内部記憶装置
外部記憶装置
記憶媒体

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic