通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > 処理方法 > 不具合 > 既知のバグ・問題
社会科学 > 政治 > 事件・紛争・戦争 > 全世界 > 日時関係
2000年問題
辞書:電算用語の基礎知識 ソフト用語編 (PYSOFT)
読み:にせんねんもんだい
外語:year 2000 problem
品詞:名詞

20世紀末の電子計算機が抱えた時限爆弾の一つ。

目次
概要

昔のコンピューターでは、年を西暦の下2桁で判断していた。

具体的には、1998年→「98」、1999年→「99」、2000年→「00」といった具合である。しかも、このような古いコンピューターソフトウェアは、「00」という年は「1900年」であると判断するために、年月日に関わる処理が正しく処理されない、という問題が発生した。

事の発端は、過去ISOやJISの規格で西暦は2桁表記をする、決まっていたためである。そして、2000年問題はこのような単純な年数の問題だけでなく閏年の計算にも支障が出ており(2000年の閏年問題)、こちらも問題視されている。

問題
2000年前後

Xデーである西暦2000年元旦を前に、実際に一部のクレジットカード会社で、この問題のために有効期限が2000年をまたぐカードの発行が出来なくなった。

問題を修正するにはプログラム本体の変更が必要であるが、そのような古いコンピューターで使用されている言語は、現在は理解できる人が少なくなりつつあるCOBOLFORTRANなどである。2000年問題の為だけに、このような他に使い道の無い言語を社員に習得させることは時間の無駄なので、多くの企業がこの問題に悩んだ。

そのため、当時は2000年問題修正専門の会社も誕生した。これらの会社が現在どうなっているのかは定かではない。

関連する問題

MS-DOSでは最初から1980年〜2079年までを考慮しているため、OSとしては2000年問題が起こることはない。

かといってMS-DOSで動作する全てのソフトが問題無しという訳ではなく、また2079年問題という別の爆弾を抱えている。

パソコンのBIOS等の例外を除いても、Cを用いて作成されたソフトウェアの多くは、諸般の事情で2038年問題という別の問題を持つ。

リンク
用語の所属
20XX年問題
2K
関連する用語
2000年の閏年問題
閏年
COBOL
FORTRAN
プログラミング言語

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic