通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > Unix > BSD
4.3BSD
辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:よんてんさん-ビーエスディー
外語:4.3BSD
品詞:商品名

カリフォルニア大学バークレー校(UCB)で開発された、BSDのバージョン4.3。1986(昭和61)年6月にリリースされた。

概要

4.2BSDと比較して、TCP/IPの実装まわりに大きな変更があり、性能が大幅に向上した。

しかし4.3BSDにはAT&Tのプロプライエタリーなコードが含まれており自由な配布が出来ない上に、ソースコードで配布されていたBSDを入手するにはAT&Tからソースライセンスを取得する必要があった。

そこで、AT&Tのプロプライエタリー部分を削除して作られたのが、Networking Releaseとされるバージョンであり、これが「BSDライセンス」でリリースされた。最初のバージョンは、Networking Release 1(4.3BSD Net/1)である。

リンク
用語の所属
BSD
関連する用語
4.2BSD
4.3BSD Net/2
4.4BSD

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic