通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ツール名称 > ビューアー・プレイヤー > WWW > レンダリングエンジン
Blink
辞書:電算用語の基礎知識 ネットアプリ編 (PNAPLNU)
読み:ブリンク
外語:Blink
品詞:固有名詞

WebKitからフォークしたHTMLレンダリングエンジン

目次
概要

2013(平成25)年7月9日にリリースされたGoogle Chrome 28から正式に採用された、新しいレンダリングエンジンである。

Google Chromeのベースとなっているオープンソースブラウザー「Chromium」は、もともとHTMLレンダリングエンジンとしてWebKitを利用していた。

しかし2013(平成25)年4月3日、ここから分岐し、よりChromiumに向いたHTMLレンダリングエンジンの開発をすることとなった。

Blinkが採用されるのは、Google Chrome 28からである。

「Opera」や「Sleipnir 4 for Windows」なども、Blinkを採用する旨、発表している。

特徴
目的

Blinkの公式サイトには、以下のように書かれている。

Blink's Mission:

To improve the open web through

technical innovation and good citizenship

オープンなWebの改善を、"technical innovation" と "good citizenship" を通じてする、としている。

technical innovationは、技術革新のことである。Blinkがフォークした当時は、HTML5などが新しい技術となる。

good citizenshipは謎であるが、意味深でもある。これは、WebKitではcitizenshipはgoodではなかったことを、暗黙のうちに述べていることになるからである。

port

元となったWebKitは、様々な環境に対応するPortが一つのソースとなっているが、このため大量の#ifdefなどがありメンテナンス性は良くない。Blinkは、まずこの不要なコードの削除から始まったらしい。

Blinkは、サンドボックス内部の抽象的なプラットフォーム上で動作し、さらに、僅かにオペレーティングシステムに依存するものがあると説明されている。

リンク
関連するリンク
http://www.chromium.org/blink
用語の所属
HTMLレンダリングエンジン
関連する用語
Webブラウザー
Google Chrome

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic