通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > 実行ファイル
COMファイル
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:コム-ファイル
外語:COM file: COMmand file
品詞:名詞

CP/MMS-DOSMSX-DOS及びそれらの後継における実行ファイル。対するはEXEファイルである。

目次
概要

元々はCP/M-80で使われていた拡張子で、実アドレス0100Hより配置されるプレーンなオブジェクトイメージを格納したものである。

ファイルヘッダーを持たず、64Kiバイト以内(より正確には0100H〜FFFFHの範囲内に収まる必要がある)に限られ、これが常に一番最初から実行されるようになっている。

CPUに、Z80を用いたMSX-DOSでも同一のものを採用した。MSX-DOSはCP/Mとの互換性を重視して設計されている。

特徴
タイニーモデル

16ビットOSであるMS-DOSは、64Kiバイトよりも大きなプログラムを実行する能力を持つ。このため、COMフォーマットでは機能不足である。

そのため、MS-DOSでは専用にEXEフォーマットを用いたEXEファイルが作られ使われるようになった。

MS-DOSでは、最もコンパクトとなるタイニーモデル用のフォーマットとなっている。

先頭メモリー

プログラムは、常に0100Hから配置される。つまりファイルの1バイト目は0100H、ファイルの2バイト目は0101H、ということである。

なお、0000H〜00FFHの領域はPSPと呼ばれるシステム領域になっており、BDOSと呼ばれるBIOSコール用のエントリや、コマンドライン文字列などが格納されている。

リンク
用語の所属
実行ファイル
関連する用語
EXEファイル

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic