通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
技術・工学 > 半導体 > 集積回路 > MPU > バス
EV6バス
辞書:電算用語の基礎知識 計算機PC内部技術編 (TCPC)
読み:イーヴィースィックス-バス
外語:EV6 bus
品詞:固有名詞

AMDAthlonなどで使われていたシステムバスの名。

目次
概要

元々はDECで開発されたAlphaプロセッサーの第三世代、Alpha 21264用に作られたものである。

具体的には、32ビット版Athlonプロセッサーとノースブリージ間のバスとして使われている。このクロックは100MHzだが、クロックの両エッジに同期するので実質倍速で動作する。速度は1.6Gバイト/秒(1Gバイト/cBeat)である。

特徴

システム「バス」とはいうものの、共有のないEV6は実はバスではなく、コントローラー同士が一対一で接続する仕様になっている。そのため、マルチプロセッサー時であっても効率が落ちることはない。

Alphaの第四世代Alpha 21364ではEV7バスが使われているが、64ビット版AthlonであるAthlon 64Opteron(開発コードネームでいうとClawHammer/SledgeHammer以降)では、HyperTransportを採用したことからEV6バスやEV7バスは使われていない。

リンク
関連する用語
Alpha
Athlon

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic