通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > OS > 製品/作品 > Windows > Widnwos 3.1以前
Microsoft Windows 2.0
辞書:電算用語の基礎知識 OS編 (PNOS)
読み:マイクロソフト-ウィンドウズ-にーてんゼロ
外語:Microsoft Windows 2.0
品詞:商品名

1987(昭和62)年に登場したMicrosoft Windows

目次
概要

overlapped window(ウィンドウの重ねあわせ処理)が初めて実現されたWindowsである。

有名なアプリケーションであるMicrosoft Excelや、Aldus PageMakerなどのWindows版は、この頃に初版が開発された。

特徴
仕様

Windows 2ではEMSXMSをサポートした。しかしリニアなメモリーアドレスを利用できない、64Kバイトの壁がある、などの16ビット環境の限界からは逃れることができず、あまり大規模なソフトウェアを動かすことはできなかった。

これらの問題は、80286に対応した後継版Windows 3.0で解決されることになる。

バージョン

PC/AT互換機用のほか、AXPC-9800シリーズにも移植されている。

改良後継版であるWindows 2.1は、「Windows 286」と呼ばれる。

リンク
用語の所属
Microsoft Windows
関連する用語
Microsoft

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic