通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ツール名称 > 演奏(音楽)
PMD
辞書:電算用語の基礎知識 ローカルアプリ音像編 (PNAPLLG)
読み:ピーエムディー
外語:PMD.: Professional Music Driver
品詞:商品名

かつて、PC-9800シリーズ及び互換機で使われていた、FM音源ドライバー。

目次
概要
機能
対応音源

FMの再生機能の提供。次のFM音源に対応している。

  1. YM2203(OPN) (PMD.COM または PMDVA1.COM)
    • PC-9800シリーズに広く内蔵されている音源
    • PC-9801-26K(および互換)ボード
    • PC-88VA(初代)の内蔵音源
  2. YM2608(OPNA) (PMDB2.COM)
    • PC98DO+/GSに標準装備の音源
    • "ASB"
  3. YM2608(OPNA)+ADPCM(PMDB2.COM または PMDVA.COM)
    • "スピークボード"
    • "音美ちゃん" のYM2608部
    • PC-9801-86またはPC-9821A/Cシリーズの一部搭載音源+"ちびおと"
    • PC-88VA2/3の内蔵音源
  4. YM2608(OPNA)+PCM(PMD86.COM)
    • PC-9801-86またはPC-9821A/Cシリーズに搭載されている音源
  5. YM2608(OPNA)+PCM+ADPCM(PMDB2.COM または PMDPPZ.COM)
    • PC-9801-86またはPC-9821A/Cシリーズの一部搭載音源+"ちびおと"
  6. YMF288(OPN3-L)+WSSPCM (PMDB2.COM または PMDPPZ.COM)
    • PC-9801-118またはCanBeシリーズ内蔵音源
ADPCM

86ボードのOPNAはADPCM機能が停止されているため、そのままでは鳴らすことが出来ない。

PCMドライバーPPZ8を併用することで、86ボードに搭載されたPCMを使ってADPCMをエミュレート再生できる。

また、同人ハードとして作られたアドオンボード「ちびおと」にも対応しており、取り付ければFMPでADPCM再生が可能になる。

特徴
当時

PC-9800シリーズMS-DOS用として半ば標準の内蔵音源(OPNまたはOPNA)音源ドライバーである。もともとはPC-8801用だった。

PC-9801用は、ガイナックスのゲーム(プリンセスメーカーなど)にも採用された。のみならず、そのゲームの作曲を、KAJA自身が担当していた。

フリーソフトの体験版はコンパイラーが付属しないので完全なプレイヤー状態であった。当時のライバルはフリーソフトのFMPである。

技術

次の拡張子が確認されている。

現在

オペレーティングシステムがMicrosoft Windowsの時代になると、PC-9801は衰退しPC/AT互換機が一般化した。

PC/AT互換機では、FM音源を乗せるにしてもサウンドブラスターなどが一般的であり、OPN/OPNAとは異なるものが使われた。またCPUの高性能化も手伝い、やがてFM音源はソフトウェアでエミュレートされるようになった。

現在、FMP用に作られたデータは、C60作PMDWin.dllでエミュレーション再生することが出来る。同氏作のプレイヤーFMPMD2000などで利用できる。

リンク
関連するリンク
http://www.fmp.jp/~c60/
関連する用語
PC-9800シリーズ
FM音源
FMP

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic