通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 応用・技術 > グラフィック > 環境
RGBカラー
辞書:電算用語の基礎知識 計算機グラフィック編 (TCGRP)
読み:アールジービーカラー
外語:RGB color
品詞:名詞

光の加法混色法による三原色であるRGB(赤、青、緑)を用いた色表現のこと。

目次
概要

三種類の色の強弱を変化させることで、色彩、彩度および明度を表現する。

三原色
三原色

特徴

1ピクセル(画素)あたりのRGBの各原色を8ビット(256階調)で表わすと、合計で24ビットカラーとなり、16,777,216色(約1,677万色)が表現できる。これは「フルカラー」または「トゥルーカラー」と呼ばれている。

1ピクセル(画素)あたりを3原色合計で15ビットまたは16ビットで表現したものを「ハイカラー」と呼ぶ。15ビットの場合は各原色を5ビットで表現する。16ビットの場合、3原色のいずれかを6ビットとして扱うが、一般には人間の目で感度の良い緑色に割り当てる。

リンク
関連する用語
RGB
フルカラー
ハイカラー
グレイスケール
インデックスカラー
CMYK

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic