通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ファイル形式
RIFF
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:リフ
外語:RIFF: Resource Interchange File Format
品詞:名詞

一つのファイル内にチャンクと呼ばれるデータの塊(データブロック)が入れ子構造になった、可変長フォーマットのこと。

目次
概要

画像や音声など、異なるタイプのリソース(データ)を一つのファイルに格納するための共通フォーマットとして、Electronic Arts社が開発したIFFを参考に、Microsoftにより作られた。現在でいうところの、コンテナーフォーマットの先駆けとなる発想である。

一つのファイルに複数のデータを入れることも容易で、またデータを入れ子にすることも可能。

拡張性や汎用性が高く、将来的に新しい形式の情報が登場したとしても容易に拡張でき、また従来のものとの互換性が保たれる形式になっている。

Windowsでは映像+音声のAVIファイルや、音声のみのWAVファイルなどがRIFF形式のファイルとなっている。このため、Video for WindowsのAPIではWAVファイルを映像のない音声のみのAVIファイルのように扱える。

特徴

RIFF全体の構造は、「RIFF形式の識別子」と必要な数の「チャンク」となる。

1バイトは8ビットで4バイト(32ビット)形式の構造であり、中に含められるデータは1バイト単位の任意長であるが、フォーマットの仕様から各チャンクの最大サイズは232バイトまでである。

数値はリトルエンディアンで格納されている。

長さ内容
4バイトRIFF形式の識別子'RIFF'
4バイトファイルサイズファイルの全体長-8
4バイトRIFFの識別子wavなら 'WAVE'
4バイトチャンク1タグ 
4バイトデータ長実データ長
nバイトデータ上のデータ長ぶんの長さのデータ
4バイトチャンク2タグ 
4バイトデータ長実データ長
nバイトデータ上のデータ長ぶんの長さのデータ
 (以下同様) 

実質的に、12バイトのヘッダーがあり、以降はデータであるとも言える、シンプルな構造のファイルフォーマットである。

使用例
形式

よく知られるもので、次のものがRIFFを採用している(アルファベット順)。

関連形式

また、RIFFに近いよく知られるものとして、次のようなものがある(アルファベット順)。

リンク
用語の所属
コンテナーフォーマット
関連する用語
Video for Windows

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic