通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > ファイルシステム > ファイル名 > 拡張子
電子計算機 > ソフト > ファイル形式 > 画像 > 動画像
電子計算機 > ソフト > ファイル形式 > コンテナーファイル
AVI
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル音像編 (PFAV)
読み:エイヴィーアイ
外語:AVI: Audio Video Interleaved file
品詞:名詞

Microsoftが1992(平成4)年に発表した、Windows上で動画を扱うための技術「Video for Windows」用のコンテナーフォーマットの名。

ファイルの拡張子がAVIであることから、AVIファイル、あるいは単にAVIと呼ばれている。

目次
概要

Microsoft WindowsOS/2で採用されて以降、その普及とともに一般化し、今に至っている。

この規格をWindowsで最初に採用したのは、Windows 3.0 with Multimedia Extensionsであり、動画再生に一切対応していなかったWindowsにマルチメディア機能を追加する製品であった。同様の技術を用いた音声データ用のフォーマットはWAVである。

特徴
バージョン

AVIには、APIに従来のVideo for Windowsを使った本来のものと、APIにDirectShowを使いファイルフォーマットもOpenDML形式としたAVI 2.0とが存在する。

通常、AVIと言った場合は従来のAVI形式をいう。

AVI 2.0はOpenDML形式で、従来のAVIとはファイルフォーマット含め全く異なる別の仕様である。

ファイルサイズ

通常のAVIは、ファイルサイズの壁が存在する。

システム上の制限は2Giバイトまでである。ファイルサイズとしてはFAT32では4Giバイト、NTFSでは2Tiバイトまで作成することは可能だが、制限を越えたファイルサイズのAVIを作っても、それは正常に扱うことができない。

コーデック

圧縮された動画の格納にも対応してはいるが、規定されているのは極めて基本的なことだけである。

そのため、Motion JPEGをはじめとした圧縮技術は、標準対応していない。

かつては各社各様の実装となり、相互の互換性などが問題となったことから、OpenDML AVI File Format Extensionsなどの規格が別途規定されることとなった。

形式

技術的には、ファイル形式はWAVと同様にRIFFになっている。WAVファイルに映像を加えたもの、とも考えられる。

WVIファイルはRIFFチャンク形式なので、汎用性が高く、様々な情報を同時に格納することができる。

工夫すれば字幕情報を入れたり、複数の音声を格納したり等、DVD並みのことも理論上可能なのだが、そのようには使われていない。事実上格納可能なデータは映像と音声が一つずつだけである。

AVIのInterleaved(交互に配置)の語源は、画像と音声のデータがnフレームずつ交互に格納されている所から。このため、特定のフレームの挿入や削除が容易で、編集しやすいという特徴を持つ。

流行

フォーマットがシンプルなことから使い勝手がよく、ビデオキャプチャー等の出力用ファイル形式としてもよく使われている。

DVDをリッピングしたものを、どのようなファイル形式にするか、という選択肢の一つにもAVIがある。他の選択肢に、WMVやMatroskaがある。

AVIを使う場合は、音声や映像のコーデックに、次のようなものが使われる例が多い。

但し、音声と映像の圧縮の組み合わせには相性があり、任意に組み合わせられるというわけではない。

mp3+DivX、mp3+VP3、mp3+MS-MPEG4、Vorbis+Xvidなどの組み合わせが良く使われている。

リンク
用語の所属
コンテナーフォーマット
RIFF
関連する用語
video/avi
Video for Windows
WAV

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic