通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 仕様・構造 > ソフトウェア > ファイルシステム > OS環境別 > MS-DOS/Windows界隈
FAT32
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・論理編 (TTDISKL)
読み:ファットさんじゅうに
外語:FAT32: File Allocation Table 32
品詞:名詞

FATの一つで、FAT領域のクラスター番号を32ビットで管理するファイルシステム(ディスク管理方法)のこと。

目次
概要

FATは、クラスターリンク情報をテーブルとして持つことを特徴とするファイルシステム(ディスク管理方法)である。

このクラスター番号を32ビット長で管理するものがFAT32ということになる。

特徴
対応環境

Windows 95 OSR2以降とWindows 2000以降、Windows 95 OSR2以降に内蔵のMS-DOS 7.10でサポートされる。

それ以前のMS-DOS、PC DOSやWindowsでは使えない。

なお、Windows NTWindows 2000以降では、NTFSという新たなファイルシステムにも対応している。

クラスター番号

32ビットのうち28ビットがアドレッシングに利用され、これにより16ビットのFAT(FAT16)が最大2.1Giバイトまでの対応だったのに対し、FAT32では理論上最大2Tiバイトまでのディスクを管理することができる。

但し、実装上の制限から、Windows XPの場合は32GiバイトまでしかFAT32フォーマットのドライブを作成できない。但し作成出来ないというだけで、それ以上の容量でフォーマットをされたドライブが存在するなら、アクセスは問題なく可能である。

クラスターサイズ

パーティションサイズに応じて、次のようなクラスターサイズがデフォルトとして使われている。

なお、Windows 95やWindows 98などのFAT32は512Miバイト未満のボリュームに対応しない。これらはFAT16などが使われる。

大容量ドライブでは、総じてFAT16よりも小さなクラスターサイズが利用されており、ディスクがより効率的に利用できるようになった。

ルートディレクトリ

FAT32では、ルートディレクトリも他のディレクトリと同様にサイズが自在となった。

このため、ロングファイル名を使用してもルートディレクトリのエントリが足りなくなる心配が無くなった。

ファイルサイズ

FAT32では、1ファイルのファイルサイズは最大4Giバイトである。

リンク
用語の所属
ファイルシステム
FAT
関連する用語
FAT12
FAT16
VFAT
ルートディレクトリ

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic