通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > 機器・部品 > 記憶装置 > ディスク > 磁気ディスク > フロッピー
SuperDisk
辞書:電算用語の基礎知識 技術ディスク・物理編 (TTDISKP)
読み:スーパーディスク
外語:SuperDisk
品詞:商品名

3.5インチフロッピーディスク上位互換の大容量ディスクメディアの一つ。

目次
概要

3M(現Imation)、Compaq Computer、松下寿電子工業、OR Technologyの四社が策定した。

1995(平成7)年に発表され、翌年の1996(平成8)年に発売された。当時は、120Mバイトの容量があったことから「LS-120」と呼ばれた。1997(平成9)年に、名称を「SuperDisk」へと改めている。

また、後継として2001(平成13)年1月31日に240Mバイトを記録できるSuperDisk 240が発表された。

特徴
フロプティカル

フロプティカルディスクの基本特許を持っているInsight PeripheralとOptics Researchが共同出資して作られたのが、策定に参画しているOR Technologyである。

つまりSuperDiskの基本技術はフロプティカルと原理的に同じで、レーザーサーボを利用し記録密度を高めたフロッピーディスクである。

媒体

この媒体には、3Mの開発したメタル塗布磁性体(MP)ディスクを使用する。

また従来の2DD/2HDフロッピーディスク(720Kiバイト、1.44Miバイトのほか1.2Miバイト(NEC方式と東芝方式)に対応)と、広範な上位互換性を有している。

FD32MB

特殊フォーマットの採用で、従来の2HDフロッピーディスクに32Mバイトのデータを記録する技術「FD32MB」が搭載された。

この機能は、新型(240Mバイト対応)ドライブの一機能として搭載されていた。

対抗製品と普及

対抗製品にZipHiFDUHC等様々ある(あった)。

この中では圧倒的に速度が遅く、アクセス速度はZipの約半分で約200Kバイト/秒(173Kバイト/cBeat)〜400Kバイト/秒(346Kバイト/cBeat)程度である。

フロッピーディスクとの互換性から一気に普及するかと思われたが、全然そのようなことはなく、今やメディアの新規調達にも苦労する始末である。

リンク
用語の所属
ディスク
磁気ディスク
フロッピーディスク
フロプティカルディスク
関連する用語
2HD
FD32MB
Zip
HiFD
UHC

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04a (27-May-2022)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic