通信用語の基礎知識 日本文化チャンネル桜二千人委員会 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ファイル形式
通信 > 技術 > ソフトウェア > データベース
TSV
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:ティーエスヴィー
外語:TSV: TAB Separated Value
品詞:名詞

タブ区切り値。

目次
概要

データベース表計算ソフトウェアデータを、テクストファイルとして記録する方式の一つ。

項目(フィールド)をタブコードで区切り、レコードを改行で区切る。1行が1レコードとなり、1ファイルがデータベースの1テーブルとなる。

特徴
機能

いくつかのデータベースや表計算ソフトウェア等が対応する、デファクトスタンダードである。

但し、項目の属性などを保存する機能はない。保存されるのは実際のデータ内容のみである。

CSVとTSV

同様のものに、カンマでフィールドを区切ったカンマ区切り値(CSV)がある。区切りが違うだけで、機能は同じである。

対するCSVよりは人気が無さそうで、対応処理系も少なそうである。だが、CSVがなかなかMIME登録ツリーに登録されなかったのに対し、TSVはMIMEタイプ名text/tab-separated-values」として速やかに登録されている。

ところがCSV派も黙ってはおらず、CSVは何とMIME登録のためにRFCが書かれ、TSVを一気に引き離したのである(TSVにはRFCがない)。CSV派は今頃、高笑いをして喜んでいることだろう。たぶん。TSV派の奮起が期待される。

書式

標準はないが、基本的に、次のように格納される。(TAB)がタブ文字、(CRLF)は改行文字とする。

AAA(TAB)BBB(TAB)CCC(CRLF)

DDD(TAB)EEE(TAB)FFF(CRLF)

その他の仕様については定かではないが、タブ文字そのもの、改行文字等を表現するため、CSVと同様に"による囲み機能が実装されるものと思われる。

リンク
関連する用語
データベース
フォーマット
CSV

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.03 (16-May-2019)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic