通信用語の基礎知識 全国のICカードこれひとつ 戻る

通常PC用 / 人気 更新 今日 カテ
電子計算機 > ソフト > ファイル形式 > 文書 > SGML > XML > XMLアプリケーション > XHTML
XHTML 1.0
辞書:電算用語の基礎知識 ファイル形式編 (PFFMT)
読み:エックスエイチティーエムエル-いってんゼロ
外語:XHTML 1.0: Extensible HyperText Markup Language 1.0
品詞:固有名詞

ハイパーテクストを記述する言語XHTMLの初版。

目次
概要

HTML 4.0を元にして作られた、XMLアプリケーションとしてのHTMLである。別名「The Extensible HyperText Markup Language」。

2000(平成12)年1月26日仕様が勧告となった。

2002(平成14)年8月1日に仕様が改訂され、Second Editionとなっている。

特徴

従来のHTMLを利用していたユーザーが、XHTMLにスムーズに移行できるようにするために作られたXHTMLである。

そのため、HTML 4.0と同様にStrict、Transitional、Framesetの三種類が定義されている。すなわち、XMLの書式に従う他は、ほぼHTML 4.0と同じであると考えてよい。

但し、style要素とscript要素におけるデータ型の扱いが変わったため、スタイルシートスクリプトは外部ファイルに記述しておいて、それを参照するようにすることが推奨されている。

文書型宣言

公式な文書型宣言(DOCTYPE宣言)は次のいずれかとなっている。

リンク
関連するリンク
http://www.w3.org/TR/xhtml1/
用語の所属
マークアップ言語
XMLアプリケーション
SGMLアプリケーション
XHTML
関連する用語
ハイパーテクスト
DTD
文書型宣言
XHTML 1.1
XHTML 2.0
XHTML Basic
Open eBook Publication Structure

[再検索] [戻る]


通信用語の基礎知識検索システム WDIC Explorer Ver 7.04 (07-Mar-2021)
Search System : Copyright © Mirai corporation
Dictionary : Copyright © WDIC Creators club
KisoDic